ブログ

HOME» ブログ »2度目、3度目のお客様の気持ちを満たしていますか?

ブログ

2度目、3度目のお客様の気持ちを満たしていますか?

 




あなたが、友達と初めて行くレストランで食事をしたとします。

とても美味しく絶妙な味つけとお酒のチョイスをしてくれて
素敵な雰囲気の中で楽しい時間を過ごしました。

この「楽しい時間」と、「美味しい食事」ってなると
また行きたくなりますよね。


誕生日、クリスマス、結婚記念日。
家族とその空間で美味しい食事とともに
笑顔で会話しお祝いや記念日の話をして
「ね、美味しいよね!一緒に食べたかったの!」
って時間を過ごせたら素敵ですよね^^


その友人と見つけたレストランに
今度は家族や大切な人と行ったとします。

そして、また来れたことがあまりにも嬉しくてお店の人に

「この前友人来た時に美味しいから、家族と来ました」

と言っても何も反応がなかったら??
思うような反応がなかったら??


とてもがっかりしますよね。
これからご飯食べるのに楽しみにしていた気持ちがしぼみますよね。

レストランって一緒に行く人と時間と食事を共有する”場”。

お客様はお金という対価をお支払いするので”期待”して当然です。
人間関係の間柄とは違います。
自分の欲求を満たしてくれる、と”期待”するからお店に行くんです。

そのために、日にちを決めて、予約して、洋服などを決めて
時間に合わせて行動して、整えて向かうんです。

お店、ここではレストランになりますが
お店側のシェフやサービス側が
どのお店で修行していたとか、どんな雑誌に出て
だとかスゴさやシェフの思いなんて全く要らないんです。


その経験値でもってお客様の心を満たす。
それが大切なことです。

冒頭の話からしたら、
「そうなんですね!ありがとうございます^^
お友達といらっしゃってまた来てくださりとても嬉しいです。
◯◯様ご予約頂いてご来店頂いてますが、
今日は何か特別な日なのですか?」

こんな風にお礼とともに質問をして
お客様に話をさせると、お客様は大切にしてもらったことでとても喜びます。

そこからの話の展開で、お店の更なるファンになるかどうか・・・
分かりますよね^^

レストランに限らず、どの商売でも全く同じ。
お客様がまず、来店されている、
あなたの提供するその商品を欲しがっている、というそのことを感謝とともに理解して
そのお客様の心を大切におもてなししてくださいね。

時間や月日の経過とともに
「ツン」とするのは傲慢です。


大切なのは「素直さ」

よく聞くこの言葉、しっかり意味を考え
ご自身の仕事にも活かしてくださいね^^

 

 

2016/12/26

ブログ

お問合せ

片付けセミナー・コラボセミナー

ご相談・ご質問はこちら

HOME

お知らせ

Link8について

メルマガ会員登録

管理画面