ブログ

HOME» ブログ »すごそうな人に教わっても結果が出ないその理由 1

ブログ

すごそうな人に教わっても結果が出ないその理由 1

インターネット広告やFacebook広告、ブログなどで、

「これをやるだけで大丈夫!」
「ブランディングうんぬんかんぬん・・・」
「3ヶ月で◯◯桁稼げる!」

と、結果がでることが確実であるかのようなキャッチコピーを
沢山のビジネスコンサルタントが出して販売しています。

 

それらの商品を私は否定するわけではありませんが、
そのノウハウだけを細かく教わったとして
一生懸命に実行しても
結果が全ての人にでるわけではないと思います。


コンサルタント側からしたら、

ある一定数そんな人もいるのは仕方ない・・・

なんて思う人がいるのかいないのかは分かりませんが、
決意し、お金を出して学ぼうとした側からしたら
結果が出るそのノウハウを実践してもダメな場合

「なぜ自分は結果がでなくて、どのようにしたら解決するのか」

というところまで、具体的に教えて欲しいと思うんです。


だって、結果を出したくて「結果の出るノウハウ」にお金を出したのですから。
自分の仕事が「誰かを笑顔にする」、と信じているからこそ教わることを決意したんですよね。


こんなことを書くと
「クライアントが依存姿勢になり、自分で考える力がなくなる」
だとか
「自分でビジネスをやっている以上は指示を待たずに自分で解決するべき」

などともっともらしいことを言う声が聞こえてきますが
その物事の裏側で悔しい思いをしているクライアントさんの気持ちを無視しているように思います。


クライアントさんは、分からないからお金を出して知ることを選んでいるんです。

はなから「人に依存する」前提で聞いているわけないんですよね。


・ビジネスノウハウを実践するには、考え方が足りないことを気づかせ成長を促し、

・自分がどう見られているかを気にしすぎる傾向に気づき、そこを改善するカウンセリングや

・見た目の印象を左右するファッションや体型などを伝えて改善すること。

それらを知りたいんですよね。

「あ、だからダメだったんだ!」と発見したいんですよね。


「依存している」その背景がどこからきているかを知り、
その課題の解消をして、効果的なノウハウを実践して結果をだす。


これが必要なことではないかと思います。


肝心の部分だけ濁して、ノウハウだけ提供。
「できて当然」で本当に伝えるべきところは伝えられない、分からない。
 

それでは結果が出ないのは「当然の結果です」


コンサルタントとクライアント、
チームとなったら一緒に目標まで伴走する

クライアントさんの「行動」不足のせいなんていうのは無責任です。
最善尽くして皆笑顔がいいですよね^^


是非参考にしてみてください。

 

 

 

 

 

 

 

2016/12/19

ブログ

お問合せ

片付けセミナー・コラボセミナー

ご相談・ご質問はこちら

HOME

お知らせ

Link8について

メルマガ会員登録

管理画面