ブログ

HOME» ブログ »愛があれば戦いは起きない

ブログ

愛があれば戦いは起きない

8月15日は終戦記念日。

 

戦争の悲劇を繰り返さない

今、平和であることのありがたさ。

年数が経過してるからこそ

忘れずにこの日に学び続けていきたいです。

 

 

8月15日は終戦記念日ですが、

実際に命令が下り戦いが終わりをちゃんと告げられたのは

もう少し先のことだったそうです。(私の浅い知識よりご存知の方も多いかもしれません)

 

 

この戦争の記事に関することを少し見て

「実際はこうだった」

という真実を告げることを見て、
何か最近の報道に意識が向きました。

 

 

戦争の終わりを迎えた日がもっと後だったことで

落とす必要のなかった命が亡くなっていないか

という思いもでてきますが、

 

 

最近の報道は、報道の質そのものが危険さを帯びているなと感じます。

 

特に、芸能界、政界での様々な不正やトラブルが特に報道されていますね。

男女間のトラブルについても特に多いです。

 

 

嘘やひどい事実が判明すると

本、TV、インターネットで急激に拡散される。

 

そして、インターネット上では

コメント欄などに匿名で非難する。

 

 

ただ、芸能人、政治家という肩書きをもっているだけで

注目をあびる職業と仕事をしていることで

こんなにも非難されるのか、と

袋だたきのいじめをされているような感じです。

 

 

 

 

戦争の記事に限らず、

嘘やひどいことが判明すると

何かと、とことん非難し続ける、

ギスギスした人が「この戦争のない平和な世の中にいるんだな」、

と簡単に情報が拡散されたり、匿名で非難、コメントなどができる最近、より強く考えさせられます。

 

 

きっと、非難する人には「問題ある」と伝えたところで

「悪いことをする方がゲスい」

となるのでしょうか。

 

 

ひどいニュースももちろんありますが、

当人同士にしかわからないことを知らずして非難するのは考えの方よりが生まれると私は感じます。

 

あくまで、その非難する人の価値観にそぐわないだけだったり

その視点を知らないだけかもしれないのに。

 

 

 

愛があれば、愛を元に行動するのなら

人から奪ったり、傷つけたりせず

分かち合い、赦す。

 

 

ひどい出来事があったら心をいためても

祈る気持ちでそっとすることで十分だと思うんです。

 

 

事実を真正面から見ただけで白と黒のジャッジを下すのではなく

多角的に見てそれぞれの状況を考え捉えられる、グレーも必要なのでは、

 

 

戦争、殺人や性的犯罪など、明らかな悪を許す、

ということではありません。

ほんとのところ、戦争はちゃんと終わっていてほしかったですが、

今はもう、その事実に水をさすよりもするべきことがありますよね。

 

 

 

その事実の周りにあることに振り回されない、

 

 

愛情を元に行動できるように

 

 

それが、戦争を終わりにして一番学ぶべきことではないかな、

と思いました。

 

2017/08/16

ブログ

お問合せ

片付けセミナー・コラボセミナー

ご相談・ご質問はこちら

HOME

お知らせ

Link8について

メルマガ会員登録

管理画面