ブログ

HOME» ブログ »集中力が欠ける要因

ブログ

集中力が欠ける要因

 

主婦は毎日ほんとにやること考えること盛りだくさんですよね。

子供のことや仕事のこと、家庭のこと。



1つこなしても、また次、次、他の次。
その連続です。

集中して一気にやればいいものを
意識散漫になりだらだら・・・
となったら余計に時間もかかるし疲れますよね。


私自身、最近やること、考えることに時間と意識がいき
「思うようにやりたいことが終わらない」
「以前はこんなに集中力がないなんてなかった」
はずなのにいろんなことに集中できなくなる、
て日が続いていました。

そして、もう数日手をつける気にすらならなくなることもありました^^;



でも、
「今年はいくつか子供の学校の係とかあれやこれやあるから仕方ない部分もある」
なんて少し前まで言い訳を並べて思っていたのですが、
時間はあって、その使い方に問題があるってだけの話。


普通に考えて
自分の目先の予定を優先してばかりいたら
進めたいことが進まなくて当然ですよね。

そこに気持ちがいって、
んでは、なんで色々並ぶと集中力が欠けるのかな〜って思い、
その集中力を上げる方法をネットで調べてみたんですね。


それが以下なのですが、

1、”脳は疲れない”という事実を知る
2、タスクに取り組む前に”瞑想”で集中力を高める
3、机の上を整理し、取り組むべき本や書類を並べる
4、耳栓やガムで外部情報を遮断する
5、自然の音を聞いて集中力を高める
6、声に出すことで集中力を上げる
7、タスクに興味が持てる工夫をする
8、限界を感じたらあと5分を頑張る
9、小さな目標で集中力を高める
10。危機感の演出で集中力を高める
11、集中力を削ぐ雑念を紙に書き出す
12、自分のモチベーションの源泉を視覚化する
13、翌日のスケジュールを立てて今日を終える

 

こんな感じでした。

納得いくような方法だらけなのですが
私はここで、11の集中力を削ぐ雑念に目がいきました。

目がいった後に
「だいたいこの理由でだめなんだ」
というのも察しがついたのですが
紙に書き出すのを実行してみたんですね。

私の集中力を削ぐ雑念には子供などが大きく関わっているのですが
自分のことは、自分が一番わからないこともあるので
その他の雑念の要因も書いてみました。


書いてみてびっくり。

ただ人物と引っかかることを書き出しただけなのに
私自身がそこに”不安”を感じていることに気づいたんです。


・・・


不安て、、
まだ起きてもいない未来に不安。
しかも自分のことじゃない^^;

自分のことなら行動して変化しよう、になるんですが
どうにも考えても仕方ないことを
不安に思い、そのことが頭を占拠していたんですね。

どっ、どうでもいいじゃないか〜それって^^;

雑念の正体が、
自分では考えても仕方のない不安だ、とわかったら
「んじゃ考えてもしょうがないから自分のことしよ」になり、


顕在意識を書き換えるヒーリングをし、気持ちも転換。
急に楽になりさくさくーっと動ける自分。

ほんとに単純です。


普段、話を聞く側になり、その方に合わせてアドバイスをしていることが多いから
自分のことは「どうにもならないことだ」って思っていると感じ、
あんまり悩み事はないと思っていたのですが
書き出して俯瞰してみたら
不安っていう感情を自分が持っていることにびっくりしました。


私自身の集中力が全然ない〜の問題が一つ解決。


子供に言っている「集中だよ〜!」
がなんとも自分に染み渡る日々、脱出する!




Link8では、片付け、整理収納作業、コンサルティングの他に、

お悩み、お話を聞き、そこから見えてくる課題と
具体的なアクションをその方に合わせてお話していく
課題発掘カウンセリングを提供しています。

悩みの正体を掘り出して、解消する、
または、悩みの捉え方を変えていくので
その次のアクションも、その後の日々も
驚くほどに変わります!

お悩みに速攻アタック!
http://www.link8.top/theme180.html








 



 

 



 

2017/06/07

ブログ

お問合せ

片付けセミナー・コラボセミナー

ご相談・ご質問はこちら

HOME

お知らせ

Link8について

メルマガ会員登録

管理画面