ブログ

HOME» ブログ »片付けセラピスト、と名前をつけた理由はこんなきっかけ

ブログ

片付けセラピスト、と名前をつけた理由はこんなきっかけ



私がこうして片付けとカウンセリング、アドバイスなどの仕事を始めるきっかけの最初の最初は


2012年夏頃にメンタルのバランスをがくりと崩し、
そこから立ち直り、今までの自分の思考や行動など、
すべてのパターン、人生を変える決意をし、
自分の仕事をすることを決めたことからでした。


専業主婦になるまでにしていた仕事は
ホテルでのサービスと、ブランドでの販売の仕事。


接客は大好きだけど、そして、またできることならしたいけど、
保育園の待機児童がとても多い場所に住んでいる中
そして、その時の自分の心の状態を考えると
子育てをしながらサービス業に再び戻ることは
現実的ではありませんでした。

Starbucksに入って、注文するのにも心が緊張してざわざわしていたくらいです。


その2012年の頃はしょちゅう
TVで録画しておいたドキュメンタリー番組(情熱大陸・NHKプロフェッショナル・今はもうやっていませんがソロモン流)
映画を見て、きっかけとなるものや、活躍する人の姿勢や考え方をみていたなぁ、と思います。

この人もあの人も暗黒時代があったり挫折経験があっても、その後に花を開いている、
というのを見るのが、私の中の大きな希望でした。


そんな時に見た2012年7月に放送されたソロモン流・古堅純子さんの回。


以前から片付けのことをTVで見かけると見ていたほうでしたが、

古堅さんの片付けと、お客様のハートにドボーン!!!と入り込み、
片付けが終わり、お客様と涙を流しているその姿は


まるで、TVから古堅さんがフレームアウトしてきて(笑)
立体的に「こうなんだよ。」と私に見せつけるかのようで

とても感動したとともに

もう無条件に「これが私の仕事になる、これを仕事にする」
と思いました。

見てる私も自分のやりたいことを見つけて泣きました。


思考であれこれ考える前に「これだ」になったものは、
自分の魂、ハートが求めていたことだから無視できません。

 

その放送を見てから自分の中の最速で
整理収納アドバイザーの資格を取れる方法を探しました。

整理収納アドバイザー1級を取得するためには、
整理収納アドバイザー2級を先に取得する必要がありました。

でも、運良く、古堅純子さんが講師の整理収納アドバイザー2級の講座が
それからすぐの頃に開催予定でした。

申し込むと、TVの影響でさらに人気が加速し、
すでに満席、忘れもしないキャンセル待ち6人。



それでも、行ける気しかしなかったんです。



数日淡々と待っていたら本当に行けることになりました。



申し込んだ人と、キャンセル待ち6人の方はどこへ行ったの?笑
というくらい奇跡でした。


その受講当日は、1時間ちょっとかかる電車での道のりを
なんでかず〜〜〜〜〜っと涙が止まらずに向かったのを覚えています。

その頃の自分の心の状態だけでなく、
自分の心の奥底が求めていたことに出会えたサインだったんですね^^きっと。



それから、簡単に整理収納アドバイザーになり開業して片付けの仕事をしています、
となっていたらいいのですが、必要な段階があったようで色々なことをしてから仕事とさせていただいています。


前置きが長くなりましたが、
その憧れとなった古堅純子さんの肩書きが
整理収納コンサルタントでありながら『幸せ住空間セラピスト』でした。


セラピスト。

古堅さんの実行される片付けは本当にセラピー効果が高いものですが、
それを私自身がセラピストと名乗ることにどうにも今までは恐れ多くてできない、という感じでした。



何年かの時間を経て、私自身がお伝えしていく

心を癒すお片付けに、片付けセラピストというのが

ようやく?しっくりくるようになったのか思い浮かび、


自分を奮い立たせしっかりやれよ、的な気持ちも強く持ちながら進むべく
そう名乗ることをきめました。




私は、あんまり自分のことを伝えるのが好きではありませんでした。



どうにも 暗い!・暗い!・暗くなるから(笑)どよ〜〜〜ん。


その場の空気を止めるのなんて任せろ(キラーン!)、ってくらい
重い空気とオーラを体の周りにズルズル引きずっていたので、
自分からは必要な時以外話すのを避けていたんですね。


でも、今は過去の自分の中のことを時間をかけて解放しきったと感じたのか
真ん中の視点で見ることに近づいたのか、細かい部分の振り返りも怖さがなくなったことで、
怖く無くなったことが、これからお客様の心に寄り添って進んでいく中でいいのかな、
と思います。


人間だし、子育て中だし
新3年生の発達障害をもつ息子の宿題は毎日2時間かかってますけどね(笑)
でも、だからといって仕事にそのことでの負の感情があったとしても
持ち込まない暗い、じゃないや、位にはなれたと思います。


なんでしょうね。こんなに自分のことブログで書いたの多分初めてです。(笑)


そんなわけで、片付けセラピスト上村友紀でした。
心を癒すお片付けのセラピー効果についてもまた書いていきたいと思います。


最後までお読みいただきありがとうございました〜^^
上村友紀、武蔵野市、西東京市、片付け、ライフオーガナイザー、整理収納アドバイザー、

 







 

 

2017/04/15

ブログ

お問合せ

片付けセミナー・コラボセミナー

ご相談・ご質問はこちら

HOME

お知らせ

Link8について

メルマガ会員登録

管理画面