ブログ

HOME» ブログ »誰かの何かを羨むならそれをやればいい

ブログ

誰かの何かを羨むならそれをやればいい

自分にはないものを持っている人ってたくさんいます。

頭脳、家柄、体型、性格、仕事、ライフスタイルなどなど

なんで自分はこうなのに、あの人はって羨ましくなる。

その羨ましいこと、自分には叶えられないって思っていますか?
そう思う人は、どうして叶えられないって思うのでしょうか。

成績が悪かったから?
家が裕福ではなかったから?
太っているから?
人見知りでどう話していいか分からないから?
シフトに縛られた仕事をしているから?
結婚して、子供がいるから?

どれもこれも最もらしい理由が並んでいますが、
だいたいその理由を元に実行できないことの正当性を主張して
変わらない、変えられない自分を仕方ないって言っているだけ。


羨ましいなら、その要素に近づくアクション、してみればいいんです。
やってみたら、わかるから。
 

生まれた場所、家、日は今からは変えることはできないけれど、


数学は苦手だったけど読書が好きで歴史なら得意だ、とか
運動して体を動かすと足の長さは変わらないけど均整が取れてくるとか
話すの苦手だと思っていたけど、質問してみることを繰り返していたら簡単だ、に気づくとか
叶えたいライフスタイルもインテリアや片付けから取り組めば自分次第で叶うんだ、とか。

取り組んでいるうちに
自分の羨ましいと思う存在に近づくことよりも
自分の思う素敵、に気づいて見つけていくんです。

年齢、環境、状況
どんな理由も叶えたいのならやらない理由にはなりません。

羨ましい、と思うその人はその”形”を叶えて維持するために
見えないところで必ず努力しています。

羨むのなら、やる。
目の前にある、スモール・リトル・ステップ見逃さずにやってみてください。

そうしていくうちに
自分にしかない”武器”を見つけて、身についているんです^^


変化は自分で起こすもの。

 

2016/12/28

ブログ

お問合せ

片付けセミナー・コラボセミナー

ご相談・ご質問はこちら

HOME

お知らせ

Link8について

メルマガ会員登録

管理画面