Link8について

HOME» Link8について »上村友紀 プロフィール

Link8について

上村友紀 プロフィール

 

 


65歳からの人生を、

余りの人生、余生ではなく


毎日をもっと楽しく自分らしく、

より有意義に感じられるように




その場かぎりの片付けや時間の過ごし方のご提案ではなく、

「生き方を見直すことができた」

人生のターニングポイントと思っていただけるような

きっかけづくりをお約束



あなたの心に寄り添い、大切に丁寧にサポートしていきます。




充実した素晴らしいくらし=秀活(しゅうかつ)
を過ごすことが、悔いなく自分らしく生きる終活になるのです。


どうか、”終活”という言葉のマイナスの面だけに振り回されず
あなたらしく人生を過ごしてください。






 

心に寄り添う片付けのプロの資格
・ライフオーガナイザー1級
・整理収納アドバイザー1級保有


心理カウンセラー1級
 


シニア秀活コンシェルジュ
Link8 代表 上村友紀(かみむらゆき)

上村 西東京 片付け



























1980年11月30日、東京生まれ。

・専門学校日本ホテルスクール卒業後 (株)リーガロイヤルホテル入社
レストランでのサービス、キャッシャー業務経験後
パンとケーキや焼き菓子、菓子折りなどを取り扱うデリカショップを担当
社員一人とアルバイトで運営。
在籍時、売り上げが上がり続けグループホテル内史上最年少で役職がつく。

当時人気番組だったTVチャンピオンでパティシエが優勝したことで
更に売り上げは拡大、お店も倍以上の広さになる計画が出るも
忙しさで体調を崩したまま回復せず退職。


・株式会社COACH JAPAN 入社
ハンドバッグ、お財布やポーチ、靴、時計、アパレルなどの販売
顧客管理、修理受付、店舗ディスプレイ、売り上げ管理担当

妊娠による体調不良(切迫流産)で安静が必要となり退社し専業主婦となる。


様々な出来事(入院生活、子供の先天的な病気や発達障がい、夫婦の不仲)を経験し精神的にバランスを崩しメンタルクリニックに通うが
自分自身の心の持ち方や捉え方が変わらないと、現実は何も変わらないことに気づき
精神的、経済的自立を目指し資格を取り始める。

2015年から片付けのサポートを始めました。

 


[ちょっと長めの自己紹介]

子供の頃好きだった遊びは、
紙袋や段ボールに積み木やおもちゃを入れる収納遊びとスーパーのレジ遊び。
子供の頃から”接客”に興味があることと、好奇心は旺盛な方で、
色々なことに取り組むほうだったと思います。



旅行とスポーツが大好きな両親に子供の頃から色々な場所に連れて行ってもらい、
様々な景色を見たり、接客を受けて感動した経験から、
小学生の頃に、接客業の最高峰と言われていた“ホテルウーマン”になることを決めました。



スポーツは水泳を約10年習い、海遊び、川遊び、素潜りや高い場所からの飛び込みも大好きです。
スキーは8歳からスタートし、フォームはいまひとつかもしれませんが、どんなコースも滑れます。
テニス、バドミントン、ウォーキング、ヨガなども好きで、今でも体を動かします。



ホテルウーマンになることを決めた大きなきっかけは、
北海道にあるプリンスホテルで、部屋に忘れ物をした際
両親が取りに戻ることになり、子供の私はロビーで待つことになった時のことです。



小学3年生頃。一人で大人ばかりの中待つのはとても怖くて不安なところに、
ベルガール(ロビーが入り口を中心にいるホテルマン)がそっと話しかけてきてくれました。

 

そして、話しやすい話題を選び、私に「話をさせる」ことをしてくれました。



話しかけてくれたベルガールのおかげで、両親はあっという間に戻ってきたし、
子供心にほんの数秒感じた不安や怖さを取り除いてHappyにしてくれた
「ホテルマン」の心遣いに私は感動し、それが私の将来の夢となったのです。

 

そのホテルマンになる道、
希望していた2年制は不合格で、
合格した3年制は経営学も学べて、「海外短期留学カリキュラム」
と、私にとって願ったり叶ったりのご褒美つきでした。


本当であれば2年制で就職をするはずが3年間学校に通うことになり、
授業料が1年分増えた父はがっくりです(笑)



専門学校時代は、クラスメート皆でオーストラリアの短期留学を経験し、
一生忘れられない景色と愛情深いホストファミリーに出会えたことで、
”愛情”に関わる価値観の一部が形成されたと思います。

上村 西東京市 片付け 整理収納 練馬区 武蔵野市 東久留米市 小金井市



そんな学生時代は早朝やお休みの日にアルバイトをしお給料を旅行代と洋服代にあてていました。
一人での海外旅行も何度か行きました。



一人でサンフランシスコに行った際は、
世界遺産であるヨセミテ国立公園や、
ラスベガスまでセスナに乗りグランドキャニオンに行ったりカジノ体験をしてみたり。
これでもか!というほどダイナミックな大自然を目の当たりにして自分という人間のちっぽけさを感じます。


接客が大好きなのにも関わらずその反面で、
あまりたくさんの人付き合いを得意としなかった私が、
「一人になる」ことに憧れて行った一人旅行でした。


でも、素敵な景色や出来事を大切な誰か、
分かち合える相手と共有できたら幸せなんだな
、と思い、
やっぱり一人はさみしくて、
人は支え合う生き物で「一人では生きていけないんだ」、気づきました。



旅行先のとあるところでは1本ストリートを間違えて、
違法な物の売買などをしていたり、治安のよくない場所に知らぬ間に足を踏み入れて、
妙な視線を浴びて、ビビりながらも何食わぬ顔をして歩いて脱出した、なんてこともありました。

(ホントに怖かったです^^;)

 

3年制のホテル専門学校卒業後、リーガロイヤルホテル東京へ就職。

レストラン業務の他、ルームサービス、キャッシャー業務を並行しながら経験した後、
入社半年で、パン・ケーキを販売するデリカショップを
社員一人、アルバイト初体験の子を教育しながら運営していく経験をさせていただきました。


在職中は売り上げ前年比を超え続け、そのことを評価していただき、
グループホテル内史上最年少で役職をつけていただきました。 


学生時代からのスーパーでのレジのアルバイトの経験や、カフェでのアルバイト経験
そして、両親が通わせてくれた、専門学校のカリキュラムにあったホテル研修制度のおかげです。
今でも振り返ると感謝の気持ちでいっぱいです。



また、当時TV番組で人気だった“テレビチャンピオン”で製菓のパティシエが優勝したことから、
さらに人気のお店となり、忙しくなったことで抱える仕事と来店頂くお客様が増えました。


無駄がなく効率のいい業務をこなすためのお店作りと、
さらに売り上げを拡大していくために、
そして、近所にお住いの方の食卓を囲む「デイリーのパン」になれるよう、
「心地いい近所のお店」にするためにサービスを考え、
お店の備品や商品の効率よく仕事ができる仕組みづくりをした上で接客を楽しんでいました。

 



私が面白いな、と感じたのが、
パンやケーキは作り手が違うだけで嬉しそうな表情やだるそうな表情、
様々な”顔”がある、ということでした。


作り手の「意識」がそのまま商品に現れるのです。


あるとき、とてもツヤツヤに輝くパンが焼きあがってきたので
「今日のパン、何か嬉しそうですね!」と伝えると

大好きなシェフも嬉しそうに
「そうやー、作る人の気持ちが出るんや。おもろいやろー」と答えてくれました。



以降ますますパンとケーキへの愛が高まりますが、
慢性的な人員不足で社員一人とアルバイトでお店を回していくのには体も心もついていきません。


朝からの勤務で夜まで残業が連日続いて疲労困憊なある日、立てなくなるほどの腹痛に襲われ、
後に主人となった社内の先輩に病院に連れて行ってもらいます。
 

点滴をして体は回復しましたが、しばらくしても心が疲れたまま追いつきません。

売り上げが爆発的に上がったことで、
店舗を拡大する工事がもう目前に迫っていたにもかかわらず
ついていけない気持ちとやりたい気持ち、
この間で悩み続けた私は退職を決めました。

今思えば、自分の視野の狭さと
意見をもっとしっかりと伝えられなかったことが反省点です。
 

 



退職後はブランド会社COACHに転職しました。
ハンドバッグを中心として、洋服、靴、時計、ジュエリー等の販売をします。


初めは本当に大変でした。
お客様は大好きでも、今までのおもてなしのサービスとは違い「セールス」をするからです。
接客が大好きだとは言え、はたらきかけ方が違うので思うようになんて売れませんでした。




でも、私自身がそのブランドの虜だったので、
商品の魅力をお客様へお伝えしたい気持ちもあり、
勤務時間、また休みの日にもたくさんのBAGを見て持って、
お客様の洋服や雰囲気、体格(骨格)に合うものを考え、研究していました。
その色々なことが重なってお客様にも安心してご購入いただけたのではないかと思っています。


また、お客様がまだ気づいていないBAGやその他商品の魅力をお伝えして
見た目的にも機能的にもいかにいいかを知って感動していただいた上でファンを増やすことが大切、
と気づいてからは接客することが更に楽しくなりました。


在職店舗ではトップセラーとなり、
お客様からお手紙を頂いたり顧客様もついてくださり、嬉しい瞬間がたくさんありました。
 

上村 武蔵野市 西東京市 小金井市 片付け 東久留米市 練馬区
 

 


 



また、商品の修理の受付やディスプレイ、顧客管理、備品管理、売り上げ管理を担当します。
商品の在庫数だけでもかなりの数でしたが、ディスプレイの備品やその他工具、備品など、相当数のものの管理をしていたと思います。
ディスプレイを変更する時には、短い時間内に沢山の商品と備品が動くため、
取り出しやすくしまいやすい収納を作り、作業しやすい備品配置と適切な段取りで進めていく必要がありました。

商品の展開や仕事の内容など、発展しながら工夫して変えていく段階にいる企業でこのような経験をさせていただいたのはとても大きかったと思っています。




上村 西東京市 練馬区 片付け 小金井市 武蔵野市 東久留米市



在職して2年、妊娠中に切迫流産・切迫早産になり、体調が回復するのに見通しが立たず退職します。



心残りがたくさんある中で退職し、専業主婦になりました。
しばらくは泣いていましたが、まだ見ぬお腹の中で育ってくれている子供を守るためです。
家で安静にする日々を過ごしたのち、無事に出産しました。
 

その後二人目を妊娠中に外出中に急にお腹が痛くなりその場で大量に出血します。


そのままタクシーで病院に向かい、赤ちゃんの無事が分かると
何がなんだか状況が分からないままに即入院となり、点滴治療が始まります。


その点滴も私の血管が細くもろいことが分かり、通常であれば週に1回針の挿し直しをするところ、
私は長くて3日、短いと30分ほどで点滴液が血管外に出て腕が腫れてしまい、
何度も何度も挿し直しをしとても痛くて辛い思いをしました。


それでも、実家で頑張って待っている息子のため、
お腹で命を繋いでいる娘のため、
たまに泣いてはいましたが、家族からの差し入れを心待ちにしながら明るくつとめていました。


子供と離れながらの辛い苦しい入退院生活を半年経験し、
ようやくようやく出産したその3日後、
授乳室に行くと、自分の子供だけいません。



胸騒ぎが止まらないまま1時間ほど待ったその後、
医師から伝えられたのは「子供の心臓に穴が開いている」という言葉でした。※心室中隔欠損症



「これから先は明るいだけ」と思っていた生活は「お先真っ暗」に。
 

上村 片付け 西東京 整理収納 練馬区 小金井市 武蔵野市

 



定期的な通院や検査は余儀なくされましたが、それでも命には別条がないという予見と、
手術もなく、薬を飲む必要がないことが救いです。家族4人の生活が始まりました。


入院生活ですっかり体力の落ちた体で、階段を登る度に動く度に息切れしてしんどい中
へとへとに疲れ切った心と気持ちを何度も立て直し、
時にはごまかしながら生活を営んでいきます。



でも、下の子は私の体から離れるとマンション中に響かんばかりの声で泣く子。
すごくすごく手がかかり、洗濯を干すにも買い物に行くのにも本当に時間がかかり、
うまくいかない現実を上の子に当たり散らしていました。


それでも生活は続きます。


時間も手もかかる子供との生活の中で効率のいい家事を生み出していきました。


子供がぴったりくっついたままの毎日でもやりたいことを見つけ、
何度も自分の気持ちを立て直し、産後のダイエットをしたり、
海外旅行のためにお金を節約したり、色々なことを楽しんでやっていたと思います。



今思えばその目標が、張り詰め続けていた気持ちの中で
やっていくためのパワーだったのだと思います。



でも、その後本当にふとしたことがきっかけで精神的にバランスを崩し、
メンタルクリニックへ通い薬を飲み、カウンセリングなどの治療をしました。


主人との不仲から別居の経験、離婚危機もありました。


でも、様々な問題を抱えていても、自分の話を聞いてもらい、
薬を飲むだけでは根本的な解決ができないことを痛感しました。


元々、適応障害を経験するなど精神的に弱かった自分を立て直すため、
変わる決意、自立することを決意をします。

 



それから2年半ほどの間に導かれるように
整理収納アドバイザー
ライフオーガナイザー
心理カウンセラー
掃除の資格
ヒーリングの資格やスキルなどを取得しました。


また、中学生の頃から”生きる”ことを考えることが多く、
楽しく暮らすための旅行やグルメ、ファッション、収納のことだけでなく、
心理学や哲学、精神世界のことに深い関心があり
医療や介護、終活、緩和ケア、お葬式のことなど


個人の気持ちを大切にし
生きる、生かされていること

そのことに熱い気持ちを持っていると思っています。




2015年から片付け・整理収納のサービスと、
起業初期の方に向けたアドバイス、コンサルティングを始めました。




2016年9月には、さいたまスーパーアリーナで行われた
「笑顔で働きたいママのフェスタ」の実行委員を務め、
当日まで多種多様な主婦起業をされている出展者さまの
出店管理や事前予約名簿(2000人超)の管理、
当日はご来場されたお客様や出展者さまへのお声がけなど様々なことをさせていただきました。

 


 


過去の接客仕事での経験と
人への共感性が高いことを活かし、
その方に必要なカウンセリングと具体的行動のご提案や
心の持ち方が自然に変わるお話をしながらサポートをしています。



又、店舗やご自宅を家族にとって片付けをすることで居心地のいい空間にし、
住む人に幸運を運ぶ整理収納、レイアウトの変更をしていくと同時に、
家事効率を徹底的に良くする収納と掃除方法などをお伝えし、
片付け作業中はその方のペースに合わせてどんどんお話していきます。


 



上村 片付け 西東京市 武蔵野市 小金井市






人生において、人は様々な経験を通し
自分の今までの経験から出来上がった”性質”というフィルターを通して物事を判断します。


幸せな出来事だけならいいのですが、
時には辛く悲しい経験もします。


でも、そんな辛い時にも人として”どうありたいか”が現れてくるのだと思います。


嫌いな人がいるから
仕事がうまくいかなかったから
勉強が苦手だったから
嫁・夫、パートナーとうまくいっていないから
お金がないから
病気したから・体が弱いから
住んでいる場所が良くないから
もう老後だから
友達・知り合いが少ないから




そんな風にご自分の状況を”良くない”と判断してしまい
これから先の人生も「そんなもの」だと判断していませんか?

 

今まではどうあったとしても
これから先の人生はご自身で選べます。

 







本当に大切なことに気づくこと、始めませんか?
 




 


今現在は、仕事をしながら子供のADHD(注意血管多動性発達障害)のための月2回の通院と、
アレルギー症状のための通院、循環器系の通院、等々習い事などの他に通っており、パズルを埋めるかのように日々時間を過ごしています。
今、子供の気持ちに向き合い、表情の変化や成長を感じる瞬間を見ると、とても幸せを感じますし、悩み苦しみ不満をこぼしていた数年前の自分よりも今の自分が大好きですし、主人や子供たちも応援してくれています。

忙しいから無理、と思わず「楽してできる」に変える。
収納や家事を徹底的に仕組み化をして工夫をすることで、
仕事をしながらでも、子育てに追われていても、


今のあなたが「やりたい!」「楽しい!」思うことには、
必ず今の状況や環境などが理由でできない、ということはありません。




例え過去に辛い経験などをして
心に辛いことを抱えて弱い気持ちがあったとしても
それはあなたにとって必要な過程です。


あなたが毎日を目一杯楽しみながら、
自然体で過ごしていけますように


できることを最大限サポートさせていただくのが心から私の歓びです。




きっと私とお話してくだされば、

お客様が大好き
お客様のために動く、探す、話す

嘘なくそのままであることに気づいて頂けると思っています。


そして、きっと知らない間にパワーが湧いて元気がでます。


お客様のために動いている時が
私の一番幸せな瞬間であり、楽しい瞬間です。

 




趣味 ドライブ、グルメ、接客観察・人間観察。

特技 人の体の凝りを光と音のようなもので感知し手でほぐすこと。
   直感がするどく、その人に合ったアドバイスができること。
   人と人のご縁をつなげること。
  よく食べるため、体重の変動が激しく大きなダイエット経験3回。
  15キロ〜最大22キロ落としているのでダイエットアドバイスも得意です。

最近のブーム スリランカカレーの作り方を習ってからハマり、味に深みを出す研究中。
       色んなカレーを作れるようになることとスパイスを使った料理を作れるようになりたいです。


これからしたいこと  たくさん国内、海外旅行。 40歳までにサーフィン! 新しいお皿
           子供たちとスキューバダイビング  理想のインテリアを叶える もっと体を整える

    


 






上村友紀ってこんな人




身近な友人や過去にセッションや整理・収納作業を受けてくださった方に聞いてみました。

・いつも動いている印象の上村さん、明るくて前向きな人柄の裏で努力していることや、大変なことを諦めずに乗り越えてきた話を聞くと、私もパワーが湧いてきます!!何でも話せて受け止めてくれるから、みっともない話をした後にも自分が愛おしくなってしまいます(笑)上村さんのすごいところは、頼らせるのではなく、『自分にできる力がある』ことを思い出させてくれるところ。カウンセリングの経過を話して、前回からの変化に驚きます。これからも人生の節目に、立ち止まった時にはお願いします。ありがとうございます!!




・天然(笑)しっかりしているように見せかけてしっかりしていないかと思いきや頭の回転は早い謎な人。
束縛されることが自由人だから相手にも自分にも寄りかかることはしないのに、会うとあったかいし話が尽きない。(そう見られないこともあるんだろうけど、本人は臆せず気にしていないと思う)
長く見ている友人からしたら、進化が終わらないし、失敗すらもすぐに学びに変える。
あなた(上村)の接客はファンを増やすからすごいし、アドバイスの根拠を聞くと接客したくなる。

 



・お店の片付けではお世話になりました。
初めにお店を見ていただいた時に「やってみないとどうなるかは分からないけど大丈夫です」と言われ、
実際に作業を見させていただいたら、とにかく早いし、アイデアが次から次へと出てくる。
配置を決めるのに使う頻度と私の背丈に合わせて何通りか提案し尋ねてくれたときに、
使う私の立場に立って考えてくれた気持ちを感じました。

他の場所で使っていた棚や籠を一目見て
「他の場所で使えるからこれは捨てると仰っていたけど捨てないでください。」と言い、
本当にぴったりと来る場所でぴったりとはまるから、予知能力があると本気で思いました(笑)。

オシャレな収納よりも時短の収納が得意と話していましたが、

綺麗に片付いていれば、お店もスッキリするから、小物や季節の植物やお花を飾り、前よりもオシャレなお店になった気がします。自分次第で何でもできますね。

自分の汚れている片付いていない場所を見られるのはすごく嫌だと思っていましたが、
プロの上村さんは本当にプロとして私の物と心と向き合ってくれました。
余計なことを言われたらすぐにでも止めてやろうなんて思っていてすみませんでした(笑)
家の片付けも自分なりに進んでいるので、また何かの時には質問させてください。

 




・何者ですか?って早い段階で聞きましたが、ぴたりとどっきりとすることを言い当てられて、隠し事なんてできないと思い自分の気持ちを素直に話せていました。

お客様に嫌な対応を取ってしまう話をした時も、その対応の時の私の気持ちを代弁してくれて、
その感情の出処をカウンセリングで取っていただき、新たな考え方を教えていただいたので、
接客のストレスというのが本当に減りましたし気持ちが伝わる接客を体験できました。

なんであんなに喧嘩腰の接客になるか、「どうせ買わない」と思っていたのか今では不思議なほどです。
自分の売り上げの数字を見るのが嫌いでしたが変化してきた今、
数字で変化を実感するのが楽しいです。仕事の楽しさを教えていただきありがとうございます。

 




・教室をオープンすることを考え相談させて頂いたのですが、
上村さんから母との関係が今の私に影響していることと、話し方に出ていることをゆっくり優しく伝えてくださりました。
正直言われた直後は「そんなこと言われたくない」と思い認めたくない部分だったのですが、
帰宅して時間が経つと色々な気づきがありふっと気持ちが軽くなっていきました。

言いづらいことを伝えてくださるのは私や他のお客様の気持ちを考えた上で伝えられた上村さんの愛情なんだと思います。

自分の本当の姿に会うことと、起業を軌道にのせる別々に思えそうなのに繋がる理由が腑に落ちましたし、理にかなっていて衝撃を受けました。沢山の方にこれから伝わっていくことなんだと信じています。
上村さんにお会いできたおかげでこれから先が楽しみになりました。本当に感謝しております。

 

2017/04/18