ブログ

HOME» ブログ »”仮面”をはがす お片付けのチカラ

ブログ

”仮面”をはがす お片付けのチカラ

 

片付けや掃除において どうにかしなくちゃいけないと思っても
動きたくない、気力が沸かない
のはあるあるだ
と、前回のブログの記事で書きました。


いつもはできていた掃除や片付けが
なぜだか急に億劫になって面倒臭くてできない作業になる、

数日で意を決して取り戻せる場合もあれば
時と状況によっては難しい作業になることがあります。

この、できない、やりたくない気持ちの時に
「だから自分はダメなんだ」
とか
「自分には価値がない」
などと考えてしまう思考の方や

問題意識はどこかにありながらも
「人に迷惑がかかっていないのだからいいじゃないか」
「今日は難しいけど、自分が困るだけだから次回の休みにかならずやろう」
と思ったり様々な思考が巡ります。
私も経験しています。

 


家の中にある物のひとつひとつは
あなたの心の中の思考そのものです。

キレイに配置されていれば
思考はスッキリ、毎日のこともうまく運んでいますが
少し忙しかったり
思わぬ出来事に感情が乱れた後には
疲れて片付け、掃除、洗濯や料理などの家事、
日々のルーティンのハードルが上がることがあります。

これを
「忙しい、疲れたときほど動かないと」
の思考を持って動ける人であれば問題はないのですが

動けなくなることを「いつものパターン」としているのなら
問題意識をもってみるといいかな、と思います。


なぜなら、
片付けができていないと、掃除はできません。

片付いていない空間には
必要で大切な物にまぎれて不要なものが紛れているし

掃除が行き届いていない空間には
ごみ・ホコリ・汚れというものに
陰の重いパワーがあります。


自己肯定感の低い思考、ネガティブ思考を
多くの人は自分の性格、性質と思い込みますが
実は使われていない物やゴミ・ホコリからの
陰のパワーもキャッチしている場合が多々あります。


ゴミやホコリが
まさか今現在の自分自身の性格や性質を形成している一部とは
思わない方が大半だと思います。

でも、物と心の関係を研究して分かってきました。


今現在の”悩みを持つ多くの方”の性質は
過去の幸・不幸様々な出来事による経験を積み重ねて
出来上がった”仮面”のようなもの。

本来の”自分”ではありません。

本来の自分を知らなければ
”どう生きていきたいか”のふんわり像は見えていても
どうありたいか、よりも
”周りとのバランスを意識した”
”どうあるべきか”に縛られます。


心は目には見えないけれど
心を反映している住空間を整えると
次第に心が解けます。

いつまでも
同じ位置で悩み、マイナス思考の繰り返しで
現実が何も変わらないのなら
私にまるごと預けてみませんか?

「やりたくない、面倒臭い」
の正体は、私がどこかに流します。

 

人生を最速で変えていきましょう。

 

 

 

 

 

 

2017/11/01

ブログ

お問合せ

片付けセミナー・コラボセミナー

ご相談・ご質問はこちら

HOME

お知らせ

Link8について

メルマガ会員登録

管理画面