ブログ

HOME» ブログ »不要な物と汚れは重たい鎧

ブログ

不要な物と汚れは重たい鎧

 

家や部屋の中を見回して

散らかる物、汚れた箇所

 

これらをどうにかしなくちゃと思っても

動きたくない、気力が沸かない

そんな気持ちってあるあるだと思います。

 

それは、

見て見ぬふりをして時間が経過すればするほど

膨れ上がるもので、

次第に片付けや掃除をする動作自体に疑問が生じ

 

そう大した効果もないしいいじゃん、

物理的に困ってないし。

になってきます。

 

 

早い段階の散らかりで片付けたら掃除したら

楽に元どおりになるのに

散らかり度合いや汚れ具合がレベルアップするほど

当然ながら時間がかかります。

 

人が物を必要・不要と判断するのは

普段から自分の価値観を主軸とし

少ないものの中で暮らしていたら早くできるのですが、

 

物が多くなればなるほど

物のひとつひとつ同士の関わり合いも増えてくるので

人混みの中でははぐれた友人や家族を見つけづらいように

判断がしづらくなります。

 

 

例えば、ケーキの焼き型を持っていたとしたら、

キッチンボール、スパチュラは普段も使うとしても、

粉ふるい、測り、その他の焼き型、プレゼント用の袋、シール、

 

ネイルケアの用品

除光液、マニキュア、爪やすり、ベースコート、ラインストーン、

カラー液(これがふくれあがる)、

 

 

などなど

 

好きな趣味が多かったりするのは楽しいことですし

いいと思うのですが多ければ多いほど

決められた場所の中での所有を考えていかなくては

散らかりやすいんですね。

 

 

片付けにおいて、捨てることに躊躇する人は

その物を整理する時

それを購入した時の感情や金銭的負担を思い出すんですね。

 

使っていないのにまだ機能的に使えるものを手放せないのは

感情と負担を思い出し、”損失”すると思っているから。

 

 

でも、人が年齢を重ねるごとに

様々な出来事を経験していくことで

明らかにその”物”を手にした時よりも

精神的に”成長”しているはずです。

 

趣味に合わないもの

すっかり使わなくなってしまったもの

 

これらはこれから先の未来

日々を生きて行く上では

重たい鎧となります。

 

 

どうかその”面倒臭い”の殻を破り

新しい今のあなたに会うために

住空間を整えてみてください。

 

 

 

2017/10/12

ブログ

お問合せ

片付けセミナー・コラボセミナー

ご相談・ご質問はこちら

HOME

お知らせ

Link8について

メルマガ会員登録

管理画面