ブログ

HOME» ブログ »片付けをする時思い出してほしい 3か条

ブログ

片付けをする時思い出してほしい 3か条

 

片付けセミナー,ライフオーガナイザー,整理収納アドバイザー,終活片付けられない,link8上村,Link8上村,上村友紀,整理収納,秀活,

片付けをする時に
立ちはだかるいくつもの悩み関門。
 
・家の中にある物を
目の前からなくす、手放す作業と

・ひとつひとつの物がどこにあるのがいいのか、住所を決める作業

・新しく物や収納道具を迎えいれる、選ぶ作業

この3つが考える大切なポイントです。


どんなふうに捉え、考えるか
片付け3か条を作りました。

ご参考にしてみて下さい。 

~片付け3か条~

 

[其の一]いつか使うかも。そのいつかは訪れない。潔く手放し、必要になったらお気に入りを見つけて購入するべし

 

 

未使用の使っていない物、サイズが合わない洋服、趣味に合わなかったプレゼント。使っていない、機能を果たしていないのなら意味がありません。

プレゼントをあげた側はあげて満足。本当に使って欲しいならあなたに好みや欲しいものを確認します。大切な自分と大切な人の為に、新たな良き物のためにスペースをあけましょう。

 

 

[其の二]美収納と機能収納はイコールではない。

自分にとっての「使いやすい」を優先するべし

 

 

雑誌やSNSなどに溢れる美しく整った収納。色や形が整っていると心地よい印象を与え、取り入れたくなりますが、よく考え、採寸とイメージをしてからにしましょう。

扉を開けてから更に引き出しや扉、箱はその分時間と手間がかかります。取り出す手間がかからない、時短収納や空間を活かした収納も調べ、自分の“心地いい”感覚を見つけましょう。

 

[其の三]捨てる罪悪感よりも、使われずに無視されている物の気持ちを“人”に置き換えて考えてみるべし

 

 

全ての物・人にもいるべき場所があります。物は使われることで、人は人とコミュニケーションを取ったり、自分の好きなことをすることで生き甲斐などを感じ、自分の価値を見出します。物もこれに然り。

時間とともに価値観やライフスタイルが変われば自然と離れていく人間関係があるように、物にも手放すべき時期が訪れることを理解し、必要のない物は感謝とともにお別れしましょう。

動けない“物”は、人が手放すしかありません。

 

2017/08/19

ブログ

お問合せ

片付けセミナー・コラボセミナー

ご相談・ご質問はこちら

HOME

お知らせ

Link8について

メルマガ会員登録

管理画面